AEDのリースで注意したいこと

AEDをリースするときに注意したいのが、貸し出す会社の金利や手数料がかかるので、購入したときと比べてトータルだと高くなることです。利率は企業の与信で変わり販売店によって利率を加えてない金額を掲載している場合もあり、与信後に金額が変わることもあるため金額の表記は事前の確認が必要です。所有権も貸し出す側にあることが殆どで、期間が終わってからも手元に残らず、耐用期間が残っていても契約期間が終わると引き取られます。ただ、延長が出来たり所有権がないので資産計上が不要な一面もあります。

AEDのリースだと補助金や助成金が適用されるのはまれで、法人契約が殆どで個人では契約出来ないと考えた方がいいです。与信審査があるので必ず利用出来るわけでもなく、審査は貸し出す会社で違い企業の利益や暴対法に関すること、色々な支払いが遅れてないかや借入状態なども審査されます。導入しようとした製品を見つけても、最後に与信審査が通らず利用出来ないこともあるので注意です。基本的にAEDのリースだと解約は不可で、出来ても契約期間までの残りの料金と手数料などがかかります。

必ず契約を結ぶので一括購入と比べて手間がかかり、契約書も4枚ほどの複写になっていて必要箇所への記入や捺印を忘れてやり直したり、複写なのに2枚目以降に直接書いたりするなど失敗をすると何枚も記入する羽目になります。契約を交わすためそれが完了しないと納品がされないので、納期が急いでいるときには不向きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です