AEDをリースするときのメリット

AEDのリースは専用の会社が一括で販売会社へ支払うので、コストのリスクがなくその分レンタルよりも安くなります。レンタルは販売店が代金を分割で回収するので仕入れ代や費用を回収できないリスクがあり、その分高額になり自社での貸し出しなので価格や契約期間満了時の更新費なども自由に決めてます。リースでAEDを利用するときのメリットですが、まず一括購入だと数十万円以上かかる初期費用が不要で、メーカーの保証期間をベースに設定することが多く大体は5年間が基本です。月々いくら費用がかかるかもわかるため予算も組みやすいです。

また、契約内容によっては動産保険がつくこともあり補償範囲は多岐で例えば盗難・火災・破損・落雷・風害・水濡れなどがあります。メーカー保証は購入してから期間中に不具合が起きて、購入者の有責ではないときに無償で交換や修理をしてくれるものです。動産保険に加入することでより手厚くなり、補償範囲や内容も契約で違います。AEDのリースだと固定資産税も貸し出す会社が負担することが多く、これは持ち主は貸し出している会社になるためです。

メンテナンスが含まれているプランだと期間中の消耗品代も料金に含まれていて、追加費用がかかりません。契約内容により定期的に必要な消耗品の分は含まれていても、使ったときにかかる電極パッドの効果品は別料金などのこともあるため内容を確認したほうがいいです。ファイナンスプランでも将来的にかかる消耗品代を前払いすると、コストを削減しながら管理も楽になる販売店独自のサービスがあったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です