AEDのリースするときの流れ

AEDのリースは初期費用のみのファイナンスと定期的なメンテナンス料金も含むメンテナンスの2種類があり、ファイナンスは本体一式の初期費用だけで、コスト面は優れてますがサービス面で少し劣ります。メンテナンスの場合は消耗品代の電極パットやバッテリー含んでいて、サービスは良いですがコストは高くなります。導入するときはどちらでも殆ど同じで、自分が販売会社から借りたいと考えていて、貸し出す会社が一括で購入してからあなたへと貸し出して、毎月借りる料金を支払います。販売会社が貸し出す会社を兼業することはあまりないですが、AEDのリースの見積もりも一緒に出すことも多いので取り扱い有無を確認して依頼をすれば対応もしてくれます。

一般的に、最初に見積もりを取ってから販売会社へ借りたいことを伝えて、貸し出す会社から販売会社へ与信結果が届きます。与信が通れば契約を結んで納品されます。ここで注意したいのが与信で、AEDのリースでは貸し出す会社が代わりに製品を買って、費用と手数料を依頼者から分割の支払いでもらいます。そのため月々の料金を回収できるか与信を取って、この結果次第で断れることもあるため誰でも必ず利用できるとは言えません。

通常の与信だと依頼者の情報だけで審査出来ますが、審査方法はそれぞれ違い専用用紙への記入・書類が審査兼契約書になっている・企業ではなくて代表者の与信が必要・決算書が必要など基準が厳しかったり、導入までが手間だったりします。AEDのリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です