病院へ通う子供の病気

子供には、様々な病気で病院へ走らないといけない場合があります。病気だけではなく、怪我や事故により入院や通院が必要な場合も病院が必要になります。子供の病気の一つに、アレルギー性紫斑病があります。初期症状は、下肢や臀部に赤い発疹が現れ、関節痛が現れます。

関節痛は、徐々に膝や肘、足首の痛みがひどくなり、曲がらなくなっていきます。アレルギー性紫斑病は、血管を壊し、内出血を起こす病気で、合併症は、腎炎です。症状が悪化しない為にも、入院し、経過を観察をしていかなくてはいけません。血尿は出ていないか、腎炎の影響で、腹痛はないか、内出血は増えていないかなど、医師のもとで経過観察をしていかなくてはいけないのです。

血尿が現れると、ステロイド剤を投入します。入院生活は、様子を見ながら、長引くこともありますが、腎炎を起こさないためにも、医師のもとで、治療が必要なのです。子供は、体調が悪くなると、早めに気づくことが少ないため、突然の症状に驚かされるケースがよくあります。しかし、慌てず、病院を頼ることにより、悪化する症状を抑え、完治に向かう治療を行っていけるのです。

病気と向き合うことは、辛いことですし、簡単なことではありませんが、医師と看護師による心のケア、心の支えを受けて、治療を行っていきます。患者の心のケアは、まず第一に行う治療なのです。辛い入院生活ですが、医師と看護師があっても病院で、前向きに頑張るためにも必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です