AEDをリースするメリットとは

AEDとは救命処置に用いられるもので、心停止状態の心臓に対して電気ショックを与えることで正常なリズムに戻すための医療機器です。取り扱いには免許などは不要で、誰でも利用できることから駅や商業施設など大勢の人が集まる場所に設置されています。現時点ではAEDの設置を義務づける法律はありませんが、安全配慮義務の観点から施設管理者は設置することが望ましいという風潮が高まっています。AEDを設置するには購入とリースの2通りがありますが、費用的な面からみるとリースの方がお得です。

AEDは万が一の場合のために備えておくもので、常日頃から使用する機器ではありません。しかし、患者の肌に貼りつけるためのパッドや内蔵しているリチウム電池には有効期限があるため、定期的にメンテナンスしなければなりません。AEDの価格は40万円前後と比較的高価ですが、リースの場合はメーカーの保証期間をベースに期間が設定されているため、購入するよりも初期費用を抑えることができます。更に、固定資産税はリース会社が負担するケースが多くなっていることや、期間中の消耗品代も料金に含まれているため追加費用がかからないことが大きなメリットです。

また、リース会社によっては破損や盗難などに対する補償制度が付いている場合があるため、災害などが発生した場合でも安心です。ただし、期間中は基本的に解約することができないため、契約する場合には契約期間と解約した場合の違約金などの確認をしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です