AEDの導入はリースがおすすめ

AEDの導入を考え居ているのなら、リースがおすすめです。AEDの導入方法はリースの他にレンタルや購入と言った方法があります。購入する場合には一括購入などを行えば総額での費用は安くなる傾向があり、資産になるというメリットがありますが、AEDの点検担当者がしっかりと管理を行わないといざという時に利用できなくなるケースもあるので維持費と人件費がかかるので注意が必要です。また、毎年の予算管理が必要なだけではなく、故障時の修理費用なども視野に入れなければならない方法となっています。

一方リースやレンタルはパッドの使用期限やバッテリの残量等の消耗品の確認や、耐用期間の確認などが含んだ金額であることが多いので金銭的な管理がしやすいというメリットがある方法です。故障や古くなってしまったなどを理由に廃棄する場合にAEDは、高度管理医療機器・特定保守管理医療機器であるため適正な処理が義務付けられている機器となっています。購入とは異なり、こちらの方法であれば処理を業者側が行っていくれるので、医療の専門家などではなく自分ではなかなか管理をするのが難しいケースなどは管理やケアの手厚い方法がおすすめです。AEDのリースとレンタルは物を借りるという意味では同じですが、リースが借り側の要望にそった物品を貸し出しするのに対して、レンタルは貸し側があらかじめ用意しているものから選ばなければならないケースが多くなります。

業者によって契約期間や値段なども変わってきますので、自分にあったものを選択するようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です